--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いらないプライドと恥

2015年11月11日 22:01

いらないプライドや恥があると、良くない。
守るべきプライドや、さらすべきでない恥はしっかりと持っておいていいと思う。


せっかく目の前にいいことがあったり、チャンスがあったりするのに、周りの目を気にした恥だとか、かわいい自分のためのプライドとかで逃すのはもったいないなぁ。
そう思い始めたのはいつごろかなー15歳くらいかなー。きっかけとかまったく覚えてないけど。

ただ、こういうのって思いついても、実際にできるようになるのはムズかしいことだ。


日常的なレベルだと
おばあちゃんに席ゆずるのとかも少し勇気がいる。迷ってそうな外人に声をかけるのもちょっと勇気がいる。そういうとき勇気を出して助けてあげなきゃいけないと思う。できないときもあるけど。

学校とかだと、やっぱり授業中に気になったこととか、思ったことは沢山発言したほうが生産性があると思う。日本の学校の授業はとっても静かだそうだ。別に、外国人、外国になりたいわけじゃないけど、もったいないじゃん。と思う。
黙って何でもかんでも言われたとおりにやりなさいっていう受動的なのは苦手だ。

会議とか、講演とかでも
積極的に発言できたらいいと思う。むしろ義務みたいに感じてきてるわ最近は、それはまたちょっと変かもしれない。。


俺は批判に弱いと最近わかった。たぶん、プライドが高いのかー。自分についてネガティブ意見がくると感情的になりやすい、悲しくなったりムっとしたりする。それで なんだよ!どういうことだよ!っていう気持ちになりやすい。それが良くないことが分かってるから、そういうことを言われたら感情を抑えようとするのに必死で黙ってしまうことが多い。自分がかわいいから必死に守ろうとしてるんだろうなーーワラ
もっとネガティブな話になっても建設的にお話ができるようになれたらいいと思う。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://futarosugar.blog66.fc2.com/tb.php/239-396e599e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。